霊園紹介の越後やTOP>墓所のご案内>千葉県柏市「紅龍霊園」

紅龍霊園

 

紅龍霊園の特徴

落合駅

特徴1 弁天様に見守られた品格ある霊園

紅龍霊園を管理する布施弁天東海寺は東日本随一の弁天様といわれ、お参りする人も多く、寺勢は盛んであります。竜宮造りの楼門(1810年建立)、朱塗りも鮮やかな本堂(1717年建立)、多宝塔型鐘楼(1818年建立)はいずれも千葉県指定有形文化財(建造物)であり、三寸余のご本尊は秘仏で巳年のみの御開帳(次は2013年)であるが、八臂の大きな前立弁財天像を拝むことが出来ます。

充実した設備

特徴2 整備された綺麗な霊園

紅龍霊園は公園を連想させる整った綺麗な環境の中に墓地がございます。また日当たりも良好で、この上ない安らぎの地になります。

水野忠徳が眠る地

特徴3 過去の宗派不問

紅龍霊園は過去の宗派不問の霊園です。好評販売中の第一期工事区画に続き、第二期墓所工事も完成したばかりの抜群の環境です。

水野忠徳が眠る地

特徴4 あけぼの山公園隣接

紅龍霊園はあけぼの山公園に隣接しております。あけぼの山公園とは佐倉ふるさと公園(佐倉市)と並ぶ有数のチューリップの名所として有名です。また桜が有名であり、春には花見客でにぎわう絶好のお花見スポットでもあります。

水野忠徳が眠る地

特徴5 合同供養墓(永代供養墓)

紅龍霊園は後継者が居ない方でも安心の合同供養墓をご用意いたしております。合同供養墓の詳細はお問い合せください。

宗清寺の概要

名称 布施弁天紅龍霊園
住所 千葉県柏市布施1738番地
墓地情報 残区画あり
※永代供養墓もございます。
備考 ご見学の際はご一報ください。

                資料請求はこちら